東洋占星術

lgf01a201401171600

東洋占星術というのは古代バビロニアから発生した占星術が元になっており、そこから世界各地に占いの方法が伝授されていって、中国などの東アジアで発展を遂げたものだとされています。

同じ占星術を元としたものに西洋占星術がありますが、それとは全く占いかたも考えかたも異なってきます。
基本的には東洋占星術も西洋占星術も、地球に生きる全ての存在が、宇宙を構成するものの一つという考えかたをしています。

ですが、占星術が世界に広まっていく段階で、西洋占星術は万物の要素が「火」「水」「風」「地」の四つで生成されているという考えになり、東洋占星術では「陰」と「陽」の陰陽五行説の二つの概念と、「木」「火」「土」「金」「水」の五大要素が万物を作り上げていると考えるようになりました。

東洋占星術にはさまざまな種類があって、有名なものですと九星気学や四柱推命、宿曜、はたまたインド占星術や陰陽道に至るまで、ジャンルはいろいろです。

「占星術」というと文字通り星を見て占いをすると思ってしまいがちですが、東洋占星術では占いの基盤となるのは「星」ではなく「暦」です。
東洋占星術は一定のサイクルで暦を繰り返して季節が再び巡ってくると考えていて、物事は循環するものと捉えられています。

一般的に占星術というとホロスコープを用いて、天体にある星座の位置の関係を視て占いをする方法を思い浮かべるでしょう。
ですがそれは西洋占星術であって、東洋占星術というのはそこから発展をして、天体の星そのものの動きを視るのではなく、占う対象の生年月日とその時の星座の位置関係からその人独自の運命のサイクルを見出す方法を用いています。

これが「命式」と呼ばれるもので、東洋占星術ではその人の本質や性格、そして今後歩んでいく人生がどういったものに影響されていくのかを解明することができる占い方法なのです。

東洋占星術では、一生のうちの運勢の起伏までを見ることができます。

陰から陽に転じたり、陽の盛りが過ぎれば再び陰に転じたり、これを繰り返し運勢も循環していくというのが東洋占星術の考えかたです。
占いの結果がその人の意にそぐわないものだとしても、悪い運勢もいつかは良い運勢に転じることができますし、そのための道も占いで見極めたサイクルで読み解いていくことができます。

近々の未来を視るための占いというよりは、その人の大まかな性格や性質の分析、そして辿って来た道と今後辿る可能性の高い人生を見据えるなど、規模の大きな占いをすることができるのが特徴です。

東洋占星術おすすめ占い師

香々先生

香々先生の口コミ

数年付き合ってた彼に別れを告げられました。
私が悪かったところは謝って復縁したいのですが、彼に連絡を取ることもしていません。
香々先生は私の意地っ張りな性格を見抜き、彼との復縁を望むなら、彼らから連絡してくれるのを待っていてはだめだと言われました。
わかっているのですが、素直に行動できません。
こうしているうちにも彼に新しい恋人ができるかも、と先生に言われ、慌てて連絡しました。
彼は、私が自分から連絡してくるのを待っていたようです。
意地を張って連絡しなければ諦めるつもりだったと言われ、先生の言うとおりにしてよかったと思いました。
背中を押してもらわなければ、今でも私は連絡せず、彼とはそれっきりになっていたでしょう。

天河りんご先生

天河りんご先生の口コミ

“私は2年間好きな男性がいます。でも、片思いです。
彼も私とは楽しそうに話してくれるのですが、まだ何も言ってくれません。
自分から告白する勇気が出ないのですが、今のままでは辛いので電話占いを受けました。

天河先生は私の気持ちをとてもよく理解してくれ、優しく話を聞いてくれました。そして、
「あなた達はとても相性が良いから、付き合ったらよいカップルになるわよ。あなたから告白しても大丈夫。」
と言ってくれ、告白の時期やタイミングまで教えてくれました。

正直占いとは運勢を見るだけかと思いましたが、占い師の先生方は霊視のような能力が備わっているようで、私の現在の状況や彼のことまで言い当ててしまうのでビックリしました。
でも、それだけに信頼出来ました。

<<当たる電話占い