復縁したい人必見!元彼、元カノと復縁するなら異性にモテるようになる!

それは「別れの原因をよく考える」ことです。
しかし彼が別れの理由をハッキリ言ってくれないこともあるでしょう。
そんなとき、彼の様子から原因を探ることができます。
まず覚えていて欲しいポイントは3つです。

その前に、復縁の可能性を知りたい人は、無料で相談できる占い師に相談するのも良いのでおすすめを紹介します。

>>復縁できる占い師に電話相談-電話占い当たる口コミ.com

1.愛が冷めた場合

付き合いたてで、愛情があふれている時は気にならなかったこと。
少しずつ冷静になると「あれ?」という部分が見えてくるものです。
それがだんだん我慢できなくなってくると、別れの原因に。

『別れの前の彼が冷たかった』
これに思い当たる人は、彼の愛が冷めてしまったのかもしれません。

2.あなたを嫌いになった場合

束縛が酷い、感情の波が激しい、外見が著しく変わってしまったなど。
そんな理由で、彼があなたのことを嫌いになってしまったことも考えられます。

『別れの前、彼が怒りっぽくなった』
これに思い当たる人は、嫌われてしまった可能性も。

3.結婚を考えられなかった場合

恋人なら良いけれど、結婚となると別。
そんな人も多いもの。
付き合ってみて、あなたとの結婚が思い描けなかった。
彼は「このまま付き合っていてもしょうがない」と、別れを決意した可能性があります。

『別れ言葉が曖昧だった』
最後が「別れよう」ではなく「別れた方がいいのかも」という言葉だった場合。
将来が考えられずに、別れを選んだのかもしれません。

4.他に好きな人ができた場合

あなたに全く落ち度はないけれど、彼の都合で別れたくなった場合。
たとえば他に好きな人が出来たときです。

『別れへの決心が固い』
話し合いにもならず、「別れてくれ」と言ったきりダンマリ。
連絡しても返事はなし。
そんな時は、他に好きな人が出来た可能性が高いかもしれません。

程よい距離感が恋愛成就の秘訣

好きな人ができると、ついつい相手を束縛したくなるものです。
いくら自分の恋人でもかわいいわがままの範囲を超えてしまうと男性は逃げたくなってしまいます。
そうならないためにはどうしたら良いかを考えてみましょう。

すべきという考えは捨てる

恋人だからこうしなければならないというルールを彼に押し付けてしまうと男性は疲れてしまいます。
恋人だから休みはいつも一緒にいるべき、恋人だから趣味も同じであるべきというのではなく、二人の時間と一人の時間の区別をつけることは長続きの秘訣です。
メールも同様です。
メールを送るタイミングは、急用以外なら自分が送信したいタイミングではなく、仕事が終わって彼がくつろいでいる10時すぎくらいの時間帯がベストです。

詮索しすぎないこと

男性の浮気を心配する女性ほど浮気をされているそうです。
その理由は、男性にとって女性の詮索と猜疑心は窮屈だからです。
せっかく恋人同士になったのですから、浮気されるのではないかとビクビクするよりも、おおらかに彼との恋愛を楽しむくらいのスタンスがベストです。

彼の色に染まる努力はしないこと

好きになると彼のことばかりとなってしまう女性は、一見男性から見てかわいく写りますが、実はそうでもないのです。
だんだん重くなってしまうのが本音です。

全てが彼優先で、彼のためにあれも我慢した、これも我慢したという姿を彼は喜びません。
彼に好かれるためにしたことというのは、彼のためではなく、自分のためです。
その違いを理解しましょう。

カップルとしての基本は程よい距離感です。
二人で向き合う時間でも、二人で同じ方向に向かって歩いていく時間でも、そこには適度な風通しがあった方が視野が広がります。
恋人=自分の物ではなく、恋人だけど彼は彼という個人としての彼との距離感を保ちましょう。

復縁の相談はこちらに試してください。完全無料です。

>>復縁できる占い師に電話相談-電話占い当たる口コミ.com

派遣・パート・バイトの女性が、正社員の男性を好きになったら?

最近の女性の働き方は様々です。
正社員の人もいれば、派遣社員やパート・アルバイトという雇用形態の人もいるでしょう。
就業先に素敵な男性社員がいたらラッキーですよね。
そしてその男性が好きになってしまったら、どう対処したら良いのでしょうか。

1. 正社員という立場を理解する

正社員は派遣やパート・アルバイトよりも責任のある仕事をするものです。
もし付き合うことにができても、自分だけに目をかけてくれることはありません。
更にはアルバイトの女性に手を出したと分かると会社から良い目で見られない可能性もあります。
まずは彼が社会的責任のある立場であるということを理解しましょう。
そして正社員でない場合には、いつリストラされるか分かりません。
彼といつまでも職場恋愛できるものではないということも考えておきましょう。

2.告白のタイミング

もしも期間限定の派遣やアルバイトの場合、やはり勤務期間が終わってから告白するべきでしょう。
しかし数か月ごとに更新していく場合には、更新する数日前に彼に「好きです」と伝え、もしも彼の返事が「ノー」であった場合、そのタイミングで辞めるというのも手です。
特に期間がきまっいない雇用の場合には、ゴールデンウィークや年末などの長期休みの前のタイミングで告白すると、彼にも考える時間ができるので良いでしょう。

3.仕事を一生懸命頑張る

派遣やパート・アルバイトは、毎日決められた仕事をこなすことになります。
他の人達と比べて目立つためには、とにかく仕事での「ミス」をなくすことと、「遅刻・欠勤」を無くすことです。
これはとても重要なことで、正社員の間ではちゃんと評価されているものと思いましょう。

彼とはじめてのデート!その時気を付けたい行動とは

彼とやっとのことで初めてのふたりだけの外出にこぎつけた!
しかし浮かれてばかりはいられません。
ふたりだけということは彼はその日、貴女だけを見つめることになるのですから、まさにスタート地点に初めて立ったということになります。

彼をもっと知る機会にしつつ、また貴女の持つ魅力をさらにアピールできるようにするには?

まずなによりも彼のプライドを傷つけない配慮を

「ふたりは一緒に出掛けるほど親密になれたのだから、ある程度は許されるよね?」
それ、もしかしたらせっかくの恋を失うきっかけの甘えかもしれません。

まずは一緒にいる時につい自分がやってしまいがちな行動をチェックしましょう。
例えば…

会話している時にスマホのメールをチェックしてしまう。
彼と一緒にいる時にメイク直しをしてしまう。

こんな行動は、彼は「自分は憧れの男としてはみられていないのかな」という疑惑を抱いてしまう第一歩なのです。

彼の失敗をはっきり指摘しない

食べ物の好き嫌いや、運転、しぐさ…気になることも今は観察するにとどめておきましょう。
ささいな事、ととらえるひともいるかもしれませんが、最初のデートはその後のつきあいの指針にもなります。

彼がこのデートでしたいことをさせてあげる

貴女がしたいこと、ではなくまずは彼がしたいことが何であるかをきいて行動してみましょう。
今回は貴女のしたいことが叶えられないかもしれませんが、彼がどんなひとかよく知る必要がありますし、付き合い方なども知ることができますからその後のふたりの関係のためにも必要なことです。

初デートをしてもなかなか次のお誘いが来ない…そんな経験がある女性は、上記のNG行動を無意識にしてしまっているのかもしれません。
やっとのお出かけ、次へつなげるチャンスを逃さないようにしたいものです。

付き合う男性をダメ男にしないために

付き合う人がいつもダメ男ばかり・・・という方は、もしかしたらあなた自信が彼をダメ男にしている場合もあります。
男性を付き合っているうちにダメ男にしないために、あなたができることを紹介しましょう。

盲目にならないようにする

恋は盲目とはよく言ったもので、誰もが好きな人に対してはどうしてもフィルターをかけてしまいがちです。
だけど盲目になりすぎてしまうと、彼の欠点が見えなくなってしまいます。
嫌われたくなくて何でも許してしまったり、彼のことを持ち上げすぎてしまうと、結果として彼を調子づかせてしまって、彼があなたのことをなめきってしまうようになります。
いつも客観的な視点を持つように心がけましょう。

やきもちはほどほどに

やきもちや束縛がかわいく見えるのは最初の頃だけで、され続ける側は段々息苦しくなってしまい、他の女性に逃げ道を求めてしまうようになります。
あなたが大人になり、やきもちや束縛をしない余裕を心にもつようにしましょう。
他人との人間づきあいの中で社交性を身に付けさせるためにも、他者との関わりを束縛してはいけません。
彼は私をすきなんだから大丈夫、という自信も持つといいです。

お金の貸し借りはしない

どんなに親しい間柄でも、お金を貸し借りしてしまうと、シンプルな人付き合いだけではすまなくなり、どうしてもお金が絡んでしまうようになります。
あなたにお金を貸してもらってばかりいると彼の心の中に甘えが生じてしまい、フェアな関係ではなくなってしまいます。
手持ちがないなどの理由でどうしても貸さなきゃいけない場合は、絶対に返してもらうなど徹底しましょう。
あなたも彼にお金を借りないようにしてください。

復縁の相談はこちらに試してください。完全無料です。

>>復縁できる占い師に電話相談-電話占い当たる口コミ.com

片思いの彼が恋愛に興味がない様子・・恋人同士になるには?

片思いをしている男性が、あなたに全く関心を示してくれません。
彼女がいるという訳でもなく、どうやら恋愛に興味がないと思われます。
なんとか彼を振り向かせる方法はあるのでしょうか。

1. 恋愛に興味がないという理由

彼が女性に関心を示さないのは、恋愛に興味がないのか、或いは興味を持たない様に自分を制御しているのかどちらかです。
後者の場合はなにかのきっかけを作ることにより、彼の気持ちを解き放すことが出来れ良いのですが、恋愛に全く興味がない場合、時間がかかることになります。

2. とにかく気軽に話せる関係になること

いつでも顔を見れば声をかけ、そのうちに目が合うとお互い寄ってきて話す程親しくなりましょう。
「この人といると楽しく話せる」と思って貰うことが先決です。

3. 一緒に食事ができる関係になること

一緒に食事をするということは、相手に心を許していないと中々応じてくれないものです。
ランチに誘うことから始めて、夕飯を一緒に食べて帰れる位の仲になれればまずまずです。

4.悩み相談に乗る

食事をしながら彼の悩みや愚痴を聞いてあげられるようになりましょう。
この段階で少しずつ彼とあなたの距離は縮まってきています。
余計なお世話を焼くのではなく、ひたすら話を聞いてあげましょう。

5. 週末に誘う

週末に一緒に出歩くというと完全にデートとなりますので、ほぼ脈アリ状態です。
しかし「彼女いない歴=年齢分」という場合、プライドがあるので男性から告白してくることはまずありません。
あなたの方から「好きです」と告白した方が良いでしょう。

まだこの段階では「好き」という言葉が恋愛対象として好きなのではなく、単に他の人より好きなだけかも知れません。
しかし一度付き合うことになれば、少しずつボディタッチをしていき、彼に恋愛感情に目覚めて貰いましょう。

落ち込んでいる時に彼女に行って貰いたい言葉って?

つらいことがあって落ち込むのは、女性だけだと思っていませんか?
いえいえ、決してそんなことはありません。
もともと、男性の方が繊細かもしれません。
普段男らしくしている彼こそ、要注意です。
落ち込んだ姿を見せるわけにはいかないと、虚勢をはっているかもしれません。
ですが、そんな彼の様子に、あなたなら一番先に気付きますよね。
それでは、どんな言葉をかけてあげればいいのでしょうか。

「思っていることを全部吐き出してもらいましょう」

彼がどんなことで悩んでいるのか分かりませんが、あなたで解決できることと、そうでないことがあります。
そんな場合でも、人間は話すと言う作業によって自分の考えを整理することができますし、落ち着くこともできるのです。
まずは、彼がどんなことを悩んでいるのか、全部吐き出して貰ってください。
あなたは彼がどんなことを言っても、とにかく聞き役に徹してみましょう。

「あなたがどんな時でも彼の味方であると、伝えましょう」

彼も、自分一人で悩んでいるのではないと思うと、随分気が楽になるでしょう。
言葉で「いつもあなたの味方だからね」と伝えるのもいいですが、言葉にせずに行動で示すことが出来れば、ベストです。

「あなたが悪いわけではないよ」

彼が悩んでいる話を実際に聞いて、是非そう伝えてください。
あなたが客観的に見て、本当はそうではないと感じても、ここでは彼の非を責めてはいけません。
まずは彼に冷静になって貰うことが必要です。
アドバイスはもっと後で、彼が落ち着いてからの方が効果的かもしれません。
「あなたは悪くないよ」と言って貰うことで、彼は段々落ち着きを取り戻すでしょう。

失敗した時は、誰だって落ち込むもの。
そんな時こそ、あなたの出番です。
いつも以上に彼に優しく接して、どうか彼の心の支えになってあげてくださいね。

これが最後のチャンス! いいえ、決して焦らず婚活しましょう!

もうこれが最後のチャンスと婚活をしている女性は、焦らないでと言ってもどうしても結論を出したいですよね。
「色々な条件は譲れるところが多いいから、もうこの人でいいのでは?」と妥協することも大切ですが、どうしても押さえておきたいポイントは以下の通りです。

1.前の恋人と比較をする

もしも直前に結婚までいけそうな関係の恋人がいた場合、その恋人と比較をして決めないようにしましょう。
その恋人と別れた原因である要素を今の彼が持っていないと、それだけでポイントが高く見えてしまうこともあります。
今までの彼にないものを持っているからと安易に高評価をせずに、あくまで自分との相性がどこまで良いのかを考えましょう。

2.生理的にダメなことは譲らない

もしあなたにとって生理的に受け入れられない癖を持っていたとしても、結婚を焦ってしまうと「その他にいいところもあるから」と無理に自分で納得してしまうものです。
しかし、「食事中に音を立てるのが嫌い」「貧乏ゆすりをする」「マザコン」などは、今は目をつむれても結婚すれば日々積み重なり嫌悪感から大ゲンカになり、果ては離婚にまで発展する要素です。
もしも彼に対して生理的に受け入れられない部分があるならば、それだけで立派に考え直す理由になるのです。

3.経済力がない人

彼がフリーターやアルバイト、或いは芸人を目指しているなどという場合には、あなたが身を粉にして彼を支えて上げる覚悟が無い限り結婚を考えない方が良いでしょう。
その他の全ての条件が良くても、経済力がないとギャンブルに走ったり、借金することもあります。

良く「相手の良いところを探す」とのアドバイスがありますが、それは可も不可もない男性の場合に限ってです。
結婚は恋愛とは違いますので、将来的なことを考えましょう。
焦らず手堅く、良いご縁に恵まれますように。

これって脈あり?男性の言動から見抜く3つのポイント

現在片思い中の女性のみなさん。
あなたが好きな人はあなたのことをどう思っているのでしょうか。
果たして脈があるのかどうか、見極めがつけば次のステップにつなげますよね。
そんなあなたに男性の言動から脈あり、脈なしを見抜く3つのポイントをお知らせします。

「会うたびに自慢話をもちかけてくる」

男性は自分の好きな女性には、どうしても自分を大きくみせがちです。
ですから彼があなたに会うたびに、「こんなことあってね」と自分の自慢話をしてくるような時は、脈ありサインです。
あなたに自分がどんなにすごい人物かを見せつけて、自分の方を向いて欲しいのです。

「あなたのプライベートに関する質問をよくしてくる」

相手があなたに興味が無い場合は、あなたのプライベートになんて全く関心がありません。
ですから、「お休みの日に何してるの?」とか「実家はどこ?」など、あなたの個人的なことに関しての質問が多いようであれば、彼はあなたのことに
とても興味があると言っていいでしょう。
いろいろなことをあなたに質問して、お互いの共通点を探ろうとしているのかもしれません。

「あなたが困っている時に、なぜか近くに居て助けてくれる」

これはいつも彼があなたのことを見ているからかもしれません。
そうでないと、困った時にいつも近くに居る、なんてことあり得ませんよね。
それに、あなたのことを「ほおっておけない」と考えている可能性もあります。
「自分が守ってあげなくちゃ」と無意識に彼が思ってくれていたら、この恋はもうあなたの手のうちにあるようなものですね。

以上の3つのポイントの中に、思いあたる節はありましたか?
男性は興味のない女性には、自分の方から近づいていったりしません。
彼の方から何らかのアプローチがある場合は、彼もあなたのことが気になっているサインと考えていいでしょう。

復縁の相談はこちらに試してください。完全無料です。

>>復縁できる占い師に電話相談-電話占い当たる口コミ.com

失恋からなるべく早く立ち直るためには

失恋すると立ち直るまでに時間がかかる人が多いと思います。
失恋した気持ちを引きずっていると気持ちが暗くなりますし、毎日楽しく過ごせなくなります。
なるべく早く立ち直るためにどうしたら良いのかを、紹介していきます。

1.彼との思い出を目にしないようにする

別れたばかりの頃は、彼からもらった物がたくさん部屋にあるという場合も多いです。
それを目にしてしまうと、どうしても思い出して辛くなります。
思い出の物は処分するか、できないなら押入れの奥にしまうなどして、思い出さないように
します。
携帯の中になる彼の写真なども消去します。

2.しばらく周りとの連絡を断つ

失恋直後はショックが大きくて冷静な判断ができないことがあります。
そういった時に周りと連絡をとってしまうと、周りからの評価を落としたり、元彼に伝わって嫌な思いを
させてしまうこともあります。
日々の生活をこなし、終わった後は家でゆっくりするようにしましょう。

3.悲しみをしっかりと味わう

失恋をしても自分の気持ちを守るために、傷ついていないと思いこんだり、すぐに立ち直ろうとしすぎる
人がいます。
しかし悲しいという気持ちをしっかりと味わっておかないと、いつまでも引きずることになるのです。
失恋してしばらくは悲しい音楽を聴いて感情移入をして泣いたりと、失恋を受け止めて悲しみましょう。
悲しむ期限を決めておき、それが過ぎたら前を向いていくという方向に切り替えます。

4.話を聞いてもらう

ここまできて、人に話を聞いてもらいます。
話を聞いてもらうためには、相手選びが大事です。
あなたの話を聞いて、受け止めてくれるような相手を選ぶようにします。
話を聞いてもらうだけで、気持ちが落ち着くことも多いです。

復縁の相談はこちらに試してください。完全無料です。

>>復縁できる占い師に電話相談-電話占い当たる口コミ.com